インプラントとは人工歯根療法とも呼ばれる治療法です。
歯を失ってしまった所に人工歯根を埋め込み、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで回復させる治療法です。
インプラント治療はブリッジや入れ歯とは異なり、土台となる歯を削ったり、バネを他の歯にかけたりしないので、健康な他の歯に全く負担をかけないことにより、歯の寿命を延ばす事ができます。 硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることなく、硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすい、自然で美しい「歯」が特徴です。
インプラントの始まりは、スウェーデンの整形外科医ブローネマルク博士が「チタン」と骨が結合することを発見した事から始まっています。インプラントに用いる「チタン」は骨と直接結合する特性を持っており、金属アレルギーの報告がない材料としても知られ、心臓のペースメーカーや人工関節など様々な分野で利用されています。
最近では、人工歯根(チタン)の表面性状に特徴を与えることで骨と「より早く」、「より強く」、「より確実に」結合するようになってきました。






インプラントは自分の歯と同じように見え、本物の歯と同じような感覚で咬むことができます。
また、周りの歯を傷つけることなく治療ができるなど、様々な優れたメリットがあります。




■インプラント手術の流れ■

1次オペ
インプラント一次手術
1次オペ後は抜歯と同じ様な経過で来院するようになります。
翌日にインプラント埋入部分の消毒、1週間後の抜糸、その後インプラントと骨が結合(オッセオインテグレーション)するのを待ちます。インプラントだからといって頻繁に来院して頂くわけではありません。
上顎
4〜6ヶ月
下顎
3ヶ月
2次オペ
インプラント二次手術
2次オペは歯肉に対しての処置なので翌日の消毒、2週間後の抜糸後は歯肉の治癒を待つだけです。
約1ヶ月
完成
インプラント、完成
日常のケアーは天然歯と変わりません。 個人差はありますがインプラント部分がしっかり磨けているか1年に2回くらいはメンテナンスが必要でしょう。
 

しかし、残念ながらインプラント治療は保険適用外であり、顎の骨が極端に痩せている場合や全身的な疾患などにより治療ができない場合があります。

森井歯科クリニックではインプラント治療が可能かどうか、可能だとしたらどのくらいの料金がかかるのか、メリット・デメリットは何なのかなど、一人ひとりの患者様に応じたご説明を心がけております。
患者様に合った最適な治療法を、納得の行くまでご説明いたします。
どうぞお気軽にご相談下さい。