・歯の治療について大げさに言わないで下さい。
・お子様の前で痛かった体験談を話すのは避けて下さい。
・「先生は痛くしないから」などと言わないで下さい。以前よりかなり改善はされていますが治療の多くはやはり不快なものですから、率直にそのことをお話下さい。
・「言う事を聞かないと注射してもらう」「良い子にしてないと歯を抜いてもらう」など脅かさないようにお願いします。
・4歳以上のお子様には自立心を養うため出来るだけ一人で治療を受けられるようにしてあげましょう。
・「後で…買ってあげるから」というご褒美はあまりお勧めできません。歯がよくなってお口の健康がもどった事が最も大切なご褒美であることをお子様が理解していかなければなりません。
・治療が終わって帰る時はどうぞ褒めてあげてください。