現在、歯周病は高血圧症や糖尿病といったいわゆる生活習慣病の1つであると考えられています。
左のグラフは歯を失った原因を調査した結果です。
以前は虫歯で歯を抜く方が多かったのですが、現在では歯周病が歯の喪失原因の 1 位となっています。その理由としてライフスタイルの変化などが原因として考えられています。また年齢別に見てみても30代から圧倒的に歯周病が原因の歯の喪失が増えています。




成人の80%以上が、程度の差はありますが歯周病といわれています。
歯周病は歯を失うだけでなく、全身の健康にも大きな影響を与えます。
福武歯科医院では予防できるものは予防し、治療により回復可能なものはしっかりと原因を調べ取り除く治療を行い、できる限り長くご自分の歯を残していけるよう努力をしています。
早期に治療することも大事ですが、歯科検診を定期的に受け予防していくことが何より大切なことです。






歯周病の原因として一番シンプルな答えは細菌が引き起こす感染症であるということです。
細菌はどんなに口の中にキレイにしたとしても存在します。
実際口腔内には 1mgあたりのプラーク中には約1億個の細菌が生息し、200〜500種類の細菌が存在し、そのうち約10種類が歯周病性細菌であるとされています。
身体には免疫という優れた防御機構が存在しますが、
細菌はそれに抵抗してきます。
それに加え生活習慣や免疫力の低下、噛み合わせ等が乱れた結果、 歯周病という名の感染症が引き起こされます。




虫歯なら舌で触って穴がある、冷たいものでしみるなどの自覚症状があります。
対して歯周病は歯茎から血が出るなどの症状があっても歯肉炎である場合もあり、初期から中期までの間は気づかないことも多くあります。歯が揺れる、腫れたなどの症状が出て気づくことも多いのですが、この時にはすでに歯周病がかなり進行(重度)している可能性もあります。

 
歯周病と糖尿病は密接に関連しており、糖尿病の患者さんは歯周病が重症化している人が多く、
歯周病が重症の人は糖尿病が悪化しやすいことがわかっています。

糖尿病が重症の人はそうでない人の3倍も糖尿病が悪化しやすい。
歯周病が悪化すると炎症によって産生される「TNF-α」という悪玉の物質がたくさん作られ
歯ぐきから血管に入ります。血中の「TNF-α」が増えるとインスリンが効にくくなって
血糖値が上がり、糖尿病が悪化すると考えられています。

実際の研究で歯周病が重症とそうでない人に分けて2年後に糖尿病になった人の
割合を調べたところ重症の歯周病の人の37%そうでない人の11.3%が糖尿病と
診断されました。
重度の歯周病の人は、そうでない人の約3倍も糖尿病になりやすいのです。

一方で、糖尿病によって増える物質が歯の周りの骨をこわすので糖尿病があると歯周病が
悪化すると言われています。
歯周病は糖尿病の合併症の一つで、歯周病と糖尿病は互いに影響しあって悪影響を起こしているのです。

また、歯周病菌や歯周病が原因で増える炎症物質は動脈硬化も促進させ、脳梗塞や
心筋梗塞など命にかかわる病気につながることもあります。

糖尿病の人は歯のクリーニングによって血糖値が改善する。
歯周病を治療すると糖尿病が改善し、糖尿病の治療をすると糖尿病が改善し、糖尿病の
治療をすると歯周病が改善することがわかっています。

実際の研究で、歯周病のある糖尿病の患者さんを対象に歯のクリーニングを
行うグループと行わないグループに分けて半年後のHbAlc(ヘモグロビンAlc)の
明らかな低下がみられました。
つぎに同様に歯周病のある糖尿病の患者さんを対象にこれまで以上に積極的に
歯周病治療を行うグループとそうでないグループに分けて半年後状態をみると
口腔内の治療やクリーニングを行っていないにも関わらず歯ぐきの炎症が明らかに
解消していました。