より魅力的な笑顔に

お仕事や学校、初めて人と会う際、その人がどんな方なのか、第一印象を大きく左右するのはお顔の表情です。やはり素敵な笑顔の方は男女問わず魅力的ですよね。

笑うことは誰にでもできるかもしれませんが、「素敵な」笑顔を作ることは自信のない方も多いのではないでしょうか?実は人が「素敵な笑顔だ」と感じるお顔には、一定のバランスの比率があり、素敵な笑顔には2つの法則があります!

ゴールデンプロポーション

ミロのヴィーナスやモナ・リザといった有名な芸術作品には、美しく見える黄金比率があり、お顔やお口元にも、人が「美しい」と心地よく感じる黄金の比率があります。

お顔を3つのブロックに分けると、1つ目は髪の生え際から眉毛の上、2つ目が眉の上から鼻の一番とがったところまで、3つ目は鼻の頂点から顎先までです。

3ブロック全てが1:1:1、同じ割合が良いとされています。そして特に重要なのは鼻の下から顎先まで、お顔の下の部分です。

顎の発達具合で、個人によって変化が生まれやすく、個人によって生活習慣や癖、歯並びなどでバランスが大きく変わりやすい部分となっています。

例えば受け口の場合は、長くなってしまいますし、奥歯を多く失っている方は短くなり、実際の年齢よりも老けたお顔に見られる場合があります。

「白」がもつ色の力を味方に

人は色に「色彩感情」というイメージを持っており、「白」には清潔、潔さ、美しさ、純粋といった色のイメージがあります。「白い歯」は、「白」の色のイメージがそのままその人のイメージへとつながっていきます。

お客様と近くでお話する機会の多いご職業の方や、大事な面接を控えている方、結婚式や大切な日をお迎えの方はもちろんのこと毎日のお化粧が何かに合わないと感じてきた方も、お口のケアを考えてみてはいかがでしょうか?白く整ったお口元で自分も知らなかった新しいご自分を見つけてください。

当院が目指すお口元は、しっかり機能して、なおかつ美しいお口元です。お口はお食事をとり、言葉を紡ぎ、空気を取り込む、生きるために必要な器官です。しっかり噛み合い、お口の役割を果たし、そして綺麗な笑顔をより輝かせる、当院ではそんな治療が可能です。

〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町1丁目8−28

当院ではご来院時に問診表をご記入いただいております。下記よりダウンロード・印刷いただき事前にご記入いただきますとスムーズに診療いただけます。

歯医者さんは痛くならないように予防するところです

毎日お子さまと一緒にいると、幸せもたくさんもらいますが「イヤイヤ」と、言うことをきいてくれないこともありませんか?

日々のお話の中で、「いうこと聞かないと、歯医者さんで歯を抜いてもらうよ!」や「お医者さんに大きな注射をしてもらおう」と言うと、お子さまにとって歯医者さんのイメージが大きく変わりますので、こういったセリフはどうかぐっとこらえていただけると助かります

「歯医者さんは怖くなく楽しい所」とお子様に認識してもらえることで、楽しく通院することが出来ます

治療後はたくさんほめてあげてください

治療後や治療中に大きなお口を開けて頑張ったお子さまには、「よくがんばったね」「えらかったね」とたくさん褒めてあげてください。

褒めてあげることで、次もがんばろうと思えるようになり歯医者さんを好きになることができるのです。

4歳以上は1人で診察を

4歳以上のお子さまは、一人で幼稚園や保育園に行っている立派な一人前です!お父さん、お母さんのお顔が見えると、急に怖くなって甘えたくなってしまうこともあります。

どうか親御さんには、緊張しながらも診察室に向かう背中をそっと押していただきたいと思います。

診察の結果や、治療の説明計画などはきちんとお呼びして説明させていただきますのでご安心ください。

「全然痛くしないよ!」は言わないでください

怖くないよ!痛くないよ!とお子さまを安心させるために言ってあげたくなりますが治療には痛くないまでも、お口の中に器具や手を入れられる不快さは拭えません。

「絶対痛くしないから大丈夫!」を守ってあげられないこともあるかもしれません。

一度嘘をついてしまうと、お子さまの信頼がなくなってしまいますので、大げさに言うことはよくありませんが、どうぞ正直にお伝えください。