予防について・フッ素について

予防について・フッ素について

歯科医院の予防とは

定期管理型の歯科医院

「生涯患者様が美味しくお食事ができるお口元」を・・・

お口もお肌や体と一緒でメンテナンスが大切です。

患者さまの人生が彩り豊かなものになるように、
悪いところを「治す」のではなく、
事前に「予防する」予防歯科を行っています。

お口のトラブルの多くは「予防できるもの」と考えています

当院では、むし歯や歯周病などお口のトラブルの多くは「予防できるもの」と考ています。そもそもお口のトラブルの原因は3つに分けられます。「遺伝的要素」「環境的要素」「生活習慣要素」です。まずはご自分の口がどんな状態なのか、トラブルの原因は何なのかをしっかりと知るところから始まります。

当院は、従来の痛くなってから来る歯医者さんではなく、定期的に通い「不調を出さない」定期管理型歯科医院として皆様の健康を支えたいと考えています。歯科治療のほとんどは、実は未然に防げることばかり。

予防治療の中には、患者様のお口の状態、傾向、癖を理解していただくという治療内容もあります。
ご自身で自分の口を把握しコントロールしていただき、お口の健康と、更には全身の健康を守ることが目的です。

セルフケアとプロフェッショナルケア

当院では、患者さまの「今」を知るために、いろいろな検査やケアを行う場合があります。
「今」を知ることで効果的な治療や不必要な治療を省くことができるのです。

予防検査について

すぐに治療をしない事を不思議に思われるかもしれませんが、それは最初に充分な時間を掛けて診査し、診断をするからです。この「診査・診断」が患者さまの歯をいつまでも健康に保つために必要不可欠なのです。「診査・診断」を怠り、急いで無計画に治療をはじめることにより、後で悪い結果となり時間もお金も浪費する事になりかねません。

口腔内写真・レントゲン検査、歯周病検査、だ液検査を行い、今のお口(歯、歯ぐき、歯を支える骨)の状態と、むし歯や歯周病のリスクを診断し、記録を取った後で、検査結果と今後の診断について、しっかりとご説明いたします

ケアプログラム

当院では最初、「診査・診断」を行い、患者様のお口の病気がどの程度進行しているかを調べます。歯ブラシで一日に何回も磨いても、むし歯や歯槽膿漏は止める事は出来ません。

食後、歯を磨くと良いとよく言われていますが、あまり効果はありません。それよりも、一日一回私達が提唱している方法で「歯の手入れ」をしていただくと、健康な歯を手に入れることができ、毎日行うことで、その健康をいつまでも守る事が出来ます。

当院では、予防プログラムをご用意しており、チーフ衛生士によるカウンセリング指導を行うなどお口の良い環境が維持できるように定期的な管理を行っていきます。

虫歯予防に「フッ素」を取り入れよう!

当院では、むし歯予防にフッ素の力を取り入れています。

フッ素の力
歯質強化

フッ素が歯に取り込まれ、酸に溶けにくく、むし歯に強い歯を作ります。

再石灰化の促進

ミネラルが溶け出す(脱灰)のを抑え、歯の中に戻る(再石灰化)のを助け、むし歯の発生や進行を防ぎます。

むし歯菌を抑制

フッ素イオンは、むし歯菌を発育を抑え、活動を弱めます。

フッ素は肉や魚など身近な食べ物にも含まれている栄養素の1つです。
1日だけではなく、コツコツと日々の生活で取り入れることでは本来の健康を保ちます。

〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町1丁目8−28

当院ではご来院時に問診表をご記入いただいております。下記よりダウンロード・印刷いただき事前にご記入いただきますとスムーズに診療いただけます。

歯医者さんは痛くならないように予防するところです

毎日お子さまと一緒にいると、幸せもたくさんもらいますが「イヤイヤ」と、言うことをきいてくれないこともありませんか?

日々のお話の中で、「いうこと聞かないと、歯医者さんで歯を抜いてもらうよ!」や「お医者さんに大きな注射をしてもらおう」と言うと、お子さまにとって歯医者さんのイメージが大きく変わりますので、こういったセリフはどうかぐっとこらえていただけると助かります

「歯医者さんは怖くなく楽しい所」とお子様に認識してもらえることで、楽しく通院することが出来ます

治療後はたくさんほめてあげてください

治療後や治療中に大きなお口を開けて頑張ったお子さまには、「よくがんばったね」「えらかったね」とたくさん褒めてあげてください。

褒めてあげることで、次もがんばろうと思えるようになり歯医者さんを好きになることができるのです。

4歳以上は1人で診察を

4歳以上のお子さまは、一人で幼稚園や保育園に行っている立派な一人前です!お父さん、お母さんのお顔が見えると、急に怖くなって甘えたくなってしまうこともあります。

どうか親御さんには、緊張しながらも診察室に向かう背中をそっと押していただきたいと思います。

診察の結果や、治療の説明計画などはきちんとお呼びして説明させていただきますのでご安心ください。

「全然痛くしないよ!」は言わないでください

怖くないよ!痛くないよ!とお子さまを安心させるために言ってあげたくなりますが治療には痛くないまでも、お口の中に器具や手を入れられる不快さは拭えません。

「絶対痛くしないから大丈夫!」を守ってあげられないこともあるかもしれません。

一度嘘をついてしまうと、お子さまの信頼がなくなってしまいますので、大げさに言うことはよくありませんが、どうぞ正直にお伝えください。