院内感染予防

当院では患者様に安心して治療を受けていただけるよう、滅菌システムを導入し,院内及び使用する器具の衛生管理を徹底しています。

「使用器具の主な滅菌方法」

洗浄(予洗い)

洗浄(予洗い)

使用された器具は、すぐに手洗いにて洗浄を行います。時間を置かずに、すぐ丁寧な洗浄をすることで、その後の洗浄効果を高めることができます。

用手洗浄

用手洗浄

治療後、回収した器具を殺菌水流水下で汚れを洗浄します。洗浄は消毒または滅菌の効果を最大限に発揮するために最も重要な工程です。

薬液による浸漬洗浄・消毒

薬液による浸漬洗浄・消毒

薬液(血液分解剤と防錆除菌クリーナー)に浸けて、付着した血液や細かな部分の汚れを分離させ消毒します。

洗浄・乾燥

洗浄・乾燥

再び、殺菌水流水下で洗浄し乾燥させます。

殺菌効果のある洗浄

殺菌効果のある洗浄

<電気分解>
PW現役と精製水を入れて電気分解します。毎日のホームケアにおすすめです。

パッキング

パッキング

個別、または使用するセットに分けてパッキングを行います

滅菌処理

滅菌処理

高圧蒸気滅菌機器(オートクレーブ)にて滅菌処置を施します。

保管

保管

滅菌が施された器具は、使用するときまで紫外線滅菌装置で無菌状態を保ったまま保管しています。

「ハンドピースの滅菌方法」

オイル洗浄

使用後のハンドピースは、すべてハンドピース用自動洗浄注油器で、まずオイル洗浄します。

「全ての水にこだわります」

エピオス

当院で使われている「水」は「電解中性殺菌水」です。給水ユニットにエピオスエコシステムを導入し、POIC®ウォーター(高濃度次亜塩素酸水)を全ての治療に使用しています。口腔内のウイルスや雑菌を殺菌し、お口の中の環境を整えてから治療を開始します。

エピオスエコシステムによる連続除菌システム

〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町1丁目8−28

当院ではご来院時に問診表をご記入いただいております。下記よりダウンロード・印刷いただき事前にご記入いただきますとスムーズに診療いただけます。

歯医者さんは痛くならないように予防するところです

毎日お子さまと一緒にいると、幸せもたくさんもらいますが「イヤイヤ」と、言うことをきいてくれないこともありませんか?

日々のお話の中で、「いうこと聞かないと、歯医者さんで歯を抜いてもらうよ!」や「お医者さんに大きな注射をしてもらおう」と言うと、お子さまにとって歯医者さんのイメージが大きく変わりますので、こういったセリフはどうかぐっとこらえていただけると助かります

「歯医者さんは怖くなく楽しい所」とお子様に認識してもらえることで、楽しく通院することが出来ます

治療後はたくさんほめてあげてください

治療後や治療中に大きなお口を開けて頑張ったお子さまには、「よくがんばったね」「えらかったね」とたくさん褒めてあげてください。

褒めてあげることで、次もがんばろうと思えるようになり歯医者さんを好きになることができるのです。

4歳以上は1人で診察を

4歳以上のお子さまは、一人で幼稚園や保育園に行っている立派な一人前です!お父さん、お母さんのお顔が見えると、急に怖くなって甘えたくなってしまうこともあります。

どうか親御さんには、緊張しながらも診察室に向かう背中をそっと押していただきたいと思います。

診察の結果や、治療の説明計画などはきちんとお呼びして説明させていただきますのでご安心ください。

「全然痛くしないよ!」は言わないでください

怖くないよ!痛くないよ!とお子さまを安心させるために言ってあげたくなりますが治療には痛くないまでも、お口の中に器具や手を入れられる不快さは拭えません。

「絶対痛くしないから大丈夫!」を守ってあげられないこともあるかもしれません。

一度嘘をついてしまうと、お子さまの信頼がなくなってしまいますので、大げさに言うことはよくありませんが、どうぞ正直にお伝えください。