0歳からのむし歯予防

赤ちゃんは成長速度にもよりますが、生後6ヶ月前後に歯ぐきからうすく前歯が見えてきます。お子さまのお口の問題で大半を占めるむし歯と歯並び歯並びは、一体いつごろから気を付けなくてはならないかご存知でしょうか?

実は、まだ歯が生えそろわない0歳のうちから将来のむし歯予備軍や矯正が必要な歯並びの前兆が見える場合があります。

市町村でも歯みがき指導が行われることも多いかと思いますが、その時期を目安に是非当医院に足をお運びください。これからお子さまの健康を一生涯支えるお口を、健康な状態で保てるよう当院が全力でサポートいたします。
当院は親子で一緒に学んでいける、お口を育てる歯科医院です。

成功の秘訣は「家族」で取り組むこと

むし歯は感染症です。キスやお箸の使いまわしなど唾液を介して、むし歯の原因菌が、お子さまのお口に移ってしまいます。

お子さまのむし歯予防には、家族一丸となって取り組む必要があります。むし歯の心配をしてスキンシップを控えるよりも、お子さまを取り巻くご家族皆さんで、むし歯の治療や予防に取り組み、たくさんの愛情を存分に伝えてあげてほしいと思います。

家族で予防をし、一生涯健康な歯でいるためにまずは当院の予防プログラムを受診してみませんか?

お子さまが楽しく歯医者さんに来れる魔法の5か条

歯医者さんは痛くならないように予防するところです

毎日お子さまと一緒にいると、幸せもたくさんもらいますが「イヤイヤ」と、言うことをきいてくれないこともありませんか?

日々のお話の中で、「いうこと聞かないと、歯医者さんで歯を抜いてもらうよ!」や「お医者さんに大きな注射をしてもらおう」と言うと、お子さまにとって歯医者さんのイメージが大きく変わりますので、こういったセリフはどうかぐっとこらえていただけると助かります

「歯医者さんは怖くなく楽しい所」とお子様に認識してもらえることで、楽しく通院することが出来ます

「全然痛くしないよ!」は言わないでください

怖くないよ!痛くないよ!とお子さまを安心させるために言ってあげたくなりますが治療には痛くないまでも、お口の中に器具や手を入れられる不快さは拭えません。

「絶対痛くしないから大丈夫!」を守ってあげられないこともあるかもしれません。

一度嘘をついてしまうと、お子さまの信頼がなくなってしまいますので、大げさに言うことはよくありませんが、どうぞ正直にお伝えください。

ご褒美は違う機会に

「後でおもちゃを買ってあげるから」という歯医者さんご褒美制はあまりオススメできません

お口の健康は全身の健康の大前提なので、歯が良くなりお口の健康が戻ったことが何よりのご褒美なのです。

小さなころからお口の健康をどうとらえて理解していくか、お子さまに学びを促していただければと思います。

4歳以上は1人で診察を

4歳以上のお子さまは、一人で幼稚園や保育園に行っている立派な一人前です!お父さん、お母さんのお顔が見えると、急に怖くなって甘えたくなってしまうこともあります。

どうか親御さんには、緊張しながらも診察室に向かう背中をそっと押していただきたいと思います。

診察の結果や、治療の説明計画などはきちんとお呼びして説明させていただきますのでご安心ください。

治療後はたくさんほめてあげてください

治療後や治療中に大きなお口を開けて頑張ったお子さまには、「よくがんばったね」「えらかったね」とたくさん褒めてあげてください。

褒めてあげることで、次もがんばろうと思えるようになり歯医者さんを好きになることができるのです。

〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町1丁目8−28

当院ではご来院時に問診表をご記入いただいております。下記よりダウンロード・印刷いただき事前にご記入いただきますとスムーズに診療いただけます。